信長に学ぶ「起業家精神」 ~桶狭間の合戦の巻~


信長は起業家精神の塊りだった

信長は桶狭間の合戦に臨んで「人間五十年、下天の内をくらぶれば夢幻のごとくなり。一度生を得て滅せぬ者のあるべきか」と敦盛を誘い出陣した。

人の一生は長いようで短い。日々の生活に追われているとあっという間に過ぎ、何もせずに終わってしまう。自分の人生が終わる時「やりたいことをやった」と微笑できるか。それとも後悔の涙を流すのか、選択するのは自分自身である。この世に生を受けたのだから「天下布武」の志を掲げ、それぞれが自分自身の人生の勝負をかけようではないか!しかし、新しい事業を起こすということはそう簡単なことではない。信長のような革新的な考え方と合理的な精神、そして周到は準備と絶対に諦めないき気力が不可欠。

桶狭間の合戦には起業家が学ばなければならない大切なエッセンスがいっぱい詰まっている。そんなエッセンスを信長に学ばせてもらおう。

講師プロフィール

辻 善則 (つじ よしのり)

辻善則1944年生まれ。滋賀県安土町出身。
大学時代の専攻は「学生運動」。関西学院大学生協で生協運動に関わる。
1971年 ジャスコ株式会社(現イオン)入社。
ショッピングセンターの専門店構成の企画立案と募集業務を長期にわたり担当。
1988年 社内ベンチャーでアミューズメント事業創業。
1990年 アミューズメント事業部長。
1998年 株式会社イオンファンタジーとして独立 同社代表取締役就任。
2002年 ジャスダック上場。
翌年東証1部上場。
2005年 東証1部上場を達成する。 売上高437億円 総店舗数339店 従業員数3,037名(数字は2010年2月期)

現在はコンサルティング会社株式会社辻マネジメント研究所の所長として安土町の地域貢献と起業家育成に取り組んでいる。